朝のチーズパンと夜のチーズパン。つくれます。

楽しみ方-ブログテーマ:

こんにちは!パンフォーユーアンバサダーのミナミです*

先日『おまかせセット』を注文したところなにやらギフト袋が……。



「はて、注文ミスかな?」と思い連絡をすると「10月ご注文のみなさまにお送りしてます!」とのこと!
「太っ腹かいな!」と思わず心の中の関西人がツッコみをいれる。

(筆者は福岡出身ですが、たまに心の中の関西人やオジサンがひょっこり顔を出します。)

話がだいぶそれましたが、『おまかせセット』の中に「十勝チーズ」をトッピングしたパンが入っていたんですね。


友達と朝ごはんをする際に焼いて出したのですが
「チーズが多くてもっと小麦の味を感じたかった」「チーズ自体に塩味があるので、もっとチーズの量が少なくてもよいのかもしれない」とのこと。


たしかに朝には少し重い気がしました。
夜にチーズパンを焼くときはワインと合わせてチーズの量はそこそこあってもよいのですが、朝となると……。


という話をしていたのですが、よくよく考えるとこんな悩みの時にこそ
”オーダーメイドパン”の強みが活かせるのではないかと!!!!


朝のチーズパンと夜のチーズパンと配合を変えて注文すれば万事解決です!

そこで筆者が考えたオーダー方法がこちら

【朝のチーズパン】
・小麦「春よ恋」
朝はやさしい気持ちになりたいので甘みを感じられる北海道産の小麦粉をチョイス。

・油脂「なし」
チーズをトッピングするので油脂はなしです。

・トッピング「ダイスチーズ」
北海道産の小麦と相性のいいチーズ。

・塩量「ひかえめ」
そしてここがポイント!朝は塩を控えめでオーダー




続きまして
【夜のチーズパン】
・小麦「海外産ブレンド粉」
香ばしいパンが好み。かつワインと合わせることを想定して海外産ブレンド粉を選択します。

・油脂「なし」
チーズをトッピングするので油脂はなしです。

・トッピング「ダイスチーズ」
ワインと合わせるにはには同じく国産チーズ。

・塩量「ふつう」
そして夜はワインやお酒と合わせることを想定して、チーズの塩味+パンの塩量は「ふつう」でオーダー。


以上が筆者の考える『朝のチーズパン』『夜のチーズパン』!
ぜひチーズをトッピングする際には参考にいただければうれしいです。




文責:パンフォーユーアンバサダー セキミナミ

コメント

トラックバック一覧